シマトネリコの剪定

シマトネリコの剪定

シマトネリコの剪定するにおいて
まず気をつけることは その木の らしさを崩さないこと。
放っておくとどんどん大きくなって
次に幹が太り剪定後にはゴツゴツとした感じになって
イメージが変わってきたりもします。

それはそうと今近の住宅に合うシンボルツリーとしても
人気のあるシマトネリコ
小枝は対生で先が鋭角のやわらかな薄い小葉が複数(奇数羽状複葉)
ときにその葉が風になびく姿はとても涼しげで爽やかです。

特徴

シマトネリコは亜熱帯地方の植物ですので
寒さには弱いとされてますが
気候温暖化のため
ここ いわき市(東北地方の一番南に位置する)でも
今は露地植えでも冬越しできるので
ヤシノキやソテツ同様 枯れることはありません。
ただし放っておいたらえらいこと(10Mを越す大木)になるので
樹形を維持するためにも
毎年の剪定は欠かせません。

剪定 ポイント

今回は剪定するにあたってのポイントを
植木屋・庭師の目線で2つ述べていきたいと思います。

ポイント1:樹木の高さを下げるにあたって
幹(株立ちの場合は複数の幹)の芯を止めるのですが
脇枝(2本の対生枝)のあるところまで下げ
その枝のすぐ上で切ります。
このとき注意することは幹と枝の分かれ目にある
シワの部分(ブランチバークリッジ)を傷つけないようにする。

つぎに対生の枝2本が残りますが
脇枝を芯に更新するのですが
その残した枝をさらに1本(樹形の外向きの枝)に整理する。
2本をそのまま残すと双方の枝の角度が鈍角になり
ゴツゴツとして自然らしさを失ってしまうため。

ポイント2:枝は途中で切らないようにする。
枝先を詰める場合は小枝のある所でまで詰め
残された対生の小枝は向きの良い方向1本に整理する。
また枝は切り詰めたくないが葉が濃いというときは
途中にある小枝を互い違い(交互)に切る。
内向枝(樹形の外側から内側に向かう枝)の処理は
基本的には元から切りますが
あまりにも寂しくなるときは出来るだけ枝を短くして残します。

それはさておきご自宅にあるかたは
ご自分で剪定試してみてください。
枝の分かれ目を鈍角じゃなく
45度以内の鋭角にするイメージです。
判らないって思う方は問い合わせくだされば
剪定の写真をメールでお送りいたします。

ブログTOP











日記

前の記事

刈込鋏のおすすめは?
日記

次の記事

コキアの手箒(ミニほうき)